資格もいいけどベストは現場で身につけた経験

カテゴリ

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

建築の求人に資格は必要か

建築会社の求人はいつでも豊富にあります。俗に言う「職人」さんの応募です。一般的に会社に就職する時に、資格を持っていると有利になる事が多いものです。建築の求人に関しても、「一級建築士取得」「電気工事士」「配管技能士」など、実際に専門の技術に関して学んできた事はある程度評価され、有利になるのは確かです。
さらに、資格取得を目指すのであれば、今は住宅やビルの工事がどんどん簡易化されている事などから考えて、「広く、浅く」がおすすめです。建築、電気、水道、内装など広い知識を持っているととても重宝されます。このように、資格取得は求人に合格するのに有利にはなります。
ですが、もっとも重視されるのは経験です。大学生時代に建築現場で働いた事があるとか、親がもともと何かの職人で技術を少し学んだなどの経験は、とても有効です。資格がいくらあっても、技術は現場で学んでいくものです。さらに資格は会社の中で一人だけその資格を持っていたら、他の社員は取得の必要はないという場合もあります。
このように、建設の求人では資格は有利に働きますが、さらに重要視されるのは経験だという事をまとめました。今から建設の求人に申し込みたいという人は、アルバイトや手伝いでもいいので、建築の仕事に関わった事がないかどうか思い出してみるとそれが役に立つかもしれません。

建築の求人には色々な仕事があります

建築関連の求人の中には、事務の仕事を募集している場合もあります。募集をする理由には、事業拡大をするため人員を更に増やしたい、事務員に何らかの事情で欠員が生じたなどが挙げられます。あと、デスクワークが主な仕事になるため、経験者優遇と求人広告に書いて出す場合が多いです。
採用後は、事務所内で普通に事務の仕事をすることになります。PCを用いて表計算ソフトに帳簿の数字を書き込んだり、報告をするための書類を作成したりします。
中卒で求人に応募し採用されると、大工見習として働くことができます。この場合は中卒でも採用しますと書いてあるのが条件です。ただ、まだ身体が成長し切っていないため、重い物を持つ仕事はあまり任されないです。なので、セメント作りの基本的なやり方、購入した機材や木材の包装を解く作業、建築現場で発生したゴミの処理、など雑用と判断できる仕事をします。身体が成長してきたら、木材を持って高所に上がる作業や、セメント袋を移動させる作業などを任せてもらえます。
会社によっては、18歳になった時点で自動車免許の取得を支援することもあります。免許があれば、2トン車クラスのトラックが運転できるので、仕事に役立つのが支援の理由です。

Copyright(C)2017 体を使う仕事がしたいなら今すぐ建築の求人をチェック All Rights Reserved.